キャンプインカー新着情報
INFORMATION & TOPICS

2017.07.28
リリース

いよいよ北海道進出。同時に新拠点が3つ、札幌、函館、北見にオープン

株式会社レヴォレーター(本社:東京都渋谷区恵比寿、代表取締役:板谷 俊明)は、 新たな拠点として、北海道に進出、営業を開始しました。キャンピングカーの聖地としての北海道に満を持して進出したことで、全国制覇を達成、乗り捨ての制度のベースとなる運用を開始します。 北海道のターミナル拠点に全て配置できるべく、資金調達を行い、30台以上の各種統一化されたオリジナルレンタルキャンピングカーを導入、北見(女満別空港)、札幌(JR札幌駅) (新函館北斗駅、函館空港、函館フェリーターミナル)から始まり、苫小牧(フェリーターミナル、新千歳空港)、旭川(旭川空港)、帯広(とかち帯広空港)、釧路(たんちょう釧路空港)に展開を予定しております。

拠点展開の目的

6月にオープンした宮崎に次ぐ、北海道展開。これで、全国に23拠点となります。 拠点が全国区になることで、よりキャンピングカーが身近と感じられる「インフラ」が整い、さらに「長期休暇」が取りにくい日本において、手軽に国内旅行が可能となる「乗捨て」サービズの礎となる実証実験を、まずは広大な「北海道」にて行うことになりました。
当社がさらに拠点を増やしたいと考えているのは、北海道内のみならず、全国どこでも乗 できるようにすること。より広い範囲を、より短い時間で日本の隅々まで堪能して頂きたいと考えるからです。我々は、加えてキャンピングカーで回るコース、駐車スペース/キャンプ場などのオススメを、ソトイク.jpにて発信していく予定です。
拠点展開とともに、車中泊ステーションを各地で展開、加えて「キャンピングカーde町起こし」を進めるべく、本格的に進出致します。